就活ノウハウ

自己分析の必須ツール ミイダス(MIIDAS)適性チェックの素晴らしさ

就活時に限らず転職時においても自己分析が必ず必要となってきますよね。

自分に本当にあっているのはどのような企業、業務内容なんだろう…と社会人になってもふと考えてしまう時があります。

そこで、自分に合っている職種、自分とはどんな人間なのか診断するのにかなり有効なアプリがあります。

それが、題目にもあるミイダスです。

ミイダスは、パーソルキャリア社が運営している転職サイトの一つです。

リクナビやマイナビ等のよくある転職サイトとは少し違った特徴を持っていることで有名です。

特徴として、

  • アプリのデザインが良くシンプルで誰でも使いやすい
  • 料金は一切掛からず、完全無料
  • 現時点での自分の市場価値を把握でき、適性年収がわかる
  • リクナビやマイナビとは違い転職サイトあるあるの膨大なメールが来ない
  • 面接確約制度がある
  • 適性診断が神

という点が挙げられます。


その中でも大きな特徴は、企業から「直接オファーが届く」というところ。

最初に自分の職務経歴やスキルなどを登録し、その内容にマッチした求人があれば企業側から面接のオファーが来るという斬新な転職サービスです。

そして、なんといっても適性診断が素晴らしいです。

ミイダスでは次の2種類の診断を無料で行うことができます。

  • 市場価値診断( = 適正年収診断)
  • ミイダス適性チェック( = 適性職種診断)

中でも「ミイダス適性チェック」の方は無料とは思えないクオリティで、

  • 仕事をする上での特性
  • 職務適性
  • ストレス要因

などについてかなり細かい部分まで分析してくれます。

もちろん、「転職とかは考えていない」という人でも大丈夫です。

診断だけなら誰でもOKで、スマホから15分くらいで受けられます!

この適性診断は「自分に本当に合った職業を見つけるヒント」になるだけではなく、「自分はどんな能力が高いのか?」「自分はどんな時にストレスを感じやすいのか?」という就活時に必要不可欠となる自己分析についても診断できます。

\無料で診断可能!スマホから15分で受けられます!/

市場価値診断(適正年収診断)

冒頭でも書いた通り、ミイダスでは2種類の診断を無料で受けることができます。

1つ目の「市場価値診断」は、入力した職務経歴や経験・スキル情報から自分の「適正年収」を算出してくれる診断です。

「自分の年収の相場」を手軽に知れるので面白いです。

しかし、実際の相場よりも高めに出る傾向があるので、その後に行うミイダス適性チェックの「おまけ」くらいに考えておいた方が良さそうです。感覚的には50~100万円くらいは高く出る印象です。

 

ミイダス適性チェック(適性職種診断)

2つ目の「ミイダス適性チェック」は自分の職種適性やストレス要因などがチェックできる診断で、これがめちゃめちゃ当たります。本当に的確な診断結果が出ます。

具体的に診断できる項目は次の通りです。

  1. 仕事をする上でのパーソナリティの特徴→ チームワーク力、問題解決力、状況適応力など(9項目)
  2. 職務適性→ 営業職の適性、事務職の適性、技術職の適性など(147の職種を対象
  3. 上下関係適性→ どんな上司もしくは部下と相性が良いのか?悪いのか?
  4. ストレス要因→ 仕事をする上でどんな状況や環境でストレスを感じやすいのか?

この4項目について、無料とは思えないほど細かい内容で結果を出してくれます!

所要時間も10〜15分程度、全てスマホから診断可能です。

ミイダス適性チェックを受けるまでの流れ

ミイダス適性チェックを受けるまでの流れは以下の通りです。

①市場価値診断(5分程度)→ ②ミイダス適性チェック(10〜15分程度)
なので、今回おすすめしている「ミイダス適性チェック」を受けるために、まずは「市場価値診断」から受けていきましょう。

「市場価値診断」を受ける

市場価値診断を受ける流れをスマホ画面で説明していきます(PCの場合も同様の流れです)

まずは以下のリンクから、ミイダスHPへ飛びます。

 

リンク先に飛んだら、「現在の市場価値を調べる」をまずタップします。

続いて性別や生年月日などの基本情報や、今の仕事内容などについて入力していきます。

全ての入力が終わると…、自分の市場価値が算出されます!

 

僕の市場価値は、なんと「736万円」と出てきました!

この市場価値は、「自分と類似したユーザーに届いたオファーの平均年収」からきています。

ただし、さすがにちょっとこれは高すぎる感がありますね…今よりも数百万高い…笑

年収別の会社数も確認できるので、そちらを見てみます。

年収別で見ると、「350〜399万円」「400〜449万円」の会社数が一番多かったです。

こちらのデータの方がより現実的な数字と言えますね。

このように、市場価値診断の年収は実態よりかなり高めに出るので、あくまで参考程度にしておきましょう。

ミイダスの神髄はこの後に受ける「ミイダス適性チェック」の方にありますので。

「ミイダス適性チェック」を受ける

市場価値診断が終わったら、早速「ミイダス適性チェック」を受けてみましょう!

市場価値診断の後の画面に「ミイダスに登録して適性チェックを受ける」というボタンがあるので、それをタップします。

ミイダス適性チェックを受けるにはアカウント登録が必要なので、メールアドレスとパスワードを入力して登録しましょう(Facebookアカウントでも可)

メールが届くのが嫌な人は、左下のチェックを外せばメールは届きません。

登録が完了すると、「希望するオファー条件を入力しましょう」と出てきますが、この項目は後からでも設定できるので、とりあえず「今は設定しない」をタップ。

左上のメニューボタンをタップします。

続いて「ミイダス適性チェック」をタップ。

これでミイダス適性チェックを始めることができます。

実際の問題はこのような問題が出されます。

問題数は、合計で162問あり、第1部が30問で所要時間約5分、第2部が132問で所要時間約20分となっています。

しかし、僕の場合は実際には合わせて10~15分くらいで終わりました。

ミイダス適性チェック結果の活用方法

「ミイダス適性チェックではどんなことが分かるのか、どのように自己分析に生かせるのか?」という部分について、僕の診断結果を使って説明していきたいと思います。

パーソナリティの特徴

「パーソナリティの特徴」では、以下のような自分自身の9つの能力について確認できます。

  1. ヴァイタリティ
  2. 人あたり
  3. チームワーク
  4. 創造的思考力
  5. 問題解決力
  6. 状況適応力
  7. プレッシャーへの忍耐力
  8. オーガナイズ能力
  9. 統率力

もちろん数値が高いほど、その特徴が強いということになります。

序盤の二項目しか掲載できませんが、もうこの時点でかなりあたっています。特に”人あたり”に関しては自分自身円滑に仕事を行うために心掛けていることです。

僕の特徴のまとめは以下のようになりました。

完全に当たっています笑

特に後半の感受性が高い、ストレスやプレッシャーに弱いはドンピシャですね笑

職務適性

「職務適性」では、自分にとって「適性の高い職種」と「適性の低い職種」について確認できます。

こちらも数値が高いほど、その職種への適性が高いということになります。

まずは代表的な17の職種への適性予測の結果が出ます。僕の結果は以下のようになりました。

これをさらに147職種に細分化して結果を出してくれます。無料のアプリとは思えませんね笑

「事務」の職種適性が高いという結果が出ました!

また、反対に適性が低い職種に関しても結果を出してくれます。僕の結果はこのようになりました。

「営業職」や「企画職」あたりは適性がない結果が出ました。

今現在の仕事に悩んでいる方は「今、自分がやっている仕事の適性はどうか?」という部分について、この分析で一度チェックしてみるのが良いかもしれません。

また、就活生も自分に合う職業を選ぶヒントになると思います。

上下関係適性

「上下関係適性」では、

「上司としての自分のタイプ」

「部下としての自分のタイプ」

「自分に合った上司・部下のタイプ」

の3つが確認できます。

まずは「上司としてのタイプ」が出ますが、僕はまだまだ若手なので参考にならない気がします…

続いて部下としてのタイプが出てきます。

僕は、ぶっちぎりで素直従順型という結果になりました。まあ、ドンピシャですねこれは笑

さらに、この2タイプには「どんな上司が合っているのか?」というタイプ別の適合度をマトリクスで算出してくれます。

これは見やすい!!

 

ストレス要因

「ストレス要因」では、自分にとってどのような状況がストレスに感じやすいか、その活動や条件、環境を確認することができます。

毎度おなじみ、数値が高いほど、それをストレスに感じやすいということになります。

なんだかとんでもない結果が出ました。これも当たっています…基本人とはあまり関わりたくないのが根底にあるので見透かされた気分です笑

自分に向いている仕事を見つけるヒントにミイダスは必要不可欠

まとめ
  1. 仕事をする上でのパーソナリティの特徴→ チームワーク力、問題解決力、状況適応力など(9項目)
  2. 職務適性→ 営業職の適性、事務職の適性、技術職の適性など(147の職種を対象
  3. 上下関係適性→ どんな上司もしくは部下と相性が良いのか?悪いのか?
  4. ストレス要因→ 仕事をする上でどんな状況や環境でストレスを感じやすいのか?

ミイダス適性チェック、わずか15分足らずで僕という人間を的確に示してきたのでかなり驚きました。

これだけのレベルの診断が無料でできるというのは他にはないくらい良いと思います。

マイナビやリクナビのような無料診断サービスをいくつか試しましたが、断トツの正確さと細かさです。あと見やすい!!

就活生は、この定期性チェックだけでもすぐに利用すべきだと思います。新卒時だけではなく、今後転職を考えるときにも有力な武器になることは間違いないです。

もちろん、転職を考えている人に限らずすぐに転職は考えていないという人でも、「自分に向いている職業」は絶対に把握しておくべきことであると思います。

「登録したらメールやオファーが来て大変」ということは一切ないので、みなさんもぜひ気軽にお試しください。

ABOUT ME
hamari
hamari
若手理系平社員です! 旧帝大▶︎航空会社▶︎重工総合職 大手企業から多数内定を頂けた就活時代と大手企業から大手企業へ転職した経験を元に自由気ままにブログを書いてます。 猫とカエルが好きです!